『ちゃんとやらない』スタイルがちゃんとやる秘訣:クレド498

2020年2月18日

宮崎の経営者をお金の不安から解放させるキャッシュフローコーチ、
いのくち ゆうすけです。

 
「ちゃんとやらない」
メールマガジンを10年発行し、
ご自身の動画メディアをお持ちのコンサルタントの先輩が話していました。
ちゃんと継続する秘訣は、「ちゃんとやらない」ことでした。

私がキャッシュフローコーチでお世話になっている先輩の、
佐藤真一さんからアドバイスを頂きました。
千葉県にお住まいの方が宮崎にお越しくださり、佐藤さんの動画配信に参加させて頂きました。

動画はこちら:https://project121.co.jp/shinchannel/200217inokuchi/

 
この動画の打ち合わせもなく当日を迎え、
事前の食事中に私が聞きました。
私「今日の撮影はどのような流れですか?」

佐藤さん「流れはありませんよ。井口さんの自己紹介から話を拾って広げていきましょ!」

私「???そんな適当でいいんですか?」

佐藤さん「はい!「ちゃんとやらない」ことが私のスタイルです。
強いて言えば、「ちゃんとやらない」スタイルをちゃんとやり続けることですw」

 
もう少し具体的に言いますね。
最近、YouTubeやFacebookでも動画による情報配信が増えています。
それらの動画はとても綺麗で相手の興味を高めるコピーライティングや仕掛けが満載。
でも実際に試してみると、過大広告と現実のギャップがありすぎる風潮にあるとのこと。

佐藤さんはそのような事が嫌なのと、だからこそ逆を行きたいと思いました。
どちらかと言うと、緊張している雰囲気・編集無しの「生」のその人柄を伝えたり、
「もし私がこの人と会って話したらこんな感じなんだろうな」と相手に連想してもらうことに
重点を置いています。

そのため大事なことは、「ちゃんとやらない」
台本を用意するとそれを読むことにエネルギーを奪われて綺麗な動画になってしまう。
そうではなく、リアルな会話の中で生み出されることを大事にしたいことが想いとしてありました。

 
その話を聞いて動画出演させて頂き、
そのお考えがすごいなーと思いました。
どのような方法であろうとご自身で考えて
「ちゃんとやらない」スタイルを貫いて実践していることです。

動画配信は毎週1時間ゲストを読んで対話形式で行い、
メールマガジンは日々のビジネスに役立つことを平日10年間配信されています。
佐藤さんの無料メール講座〜『箱』で人が変わる〜は、こちらから無料登録できます。
http://abjan.biz/brd/03/clk/archives/wmjhnm.html

 
私自身メールマガジンの発信などにこれ!!っていうスタイルは、
「自分が楽しく書く」ってことを常に心に留めています。
書いている笑顔がきっと読者に伝わるからこそ、
自分が楽しく書いていくことが大事だなぁと思っています。
継続してい行く中で、もっと自分のスタイルと向き合っていきたいと思います。

継続するきっかは「ちゃんとやらない」こと。
柔軟に楽しく、自分なりのスタイルを持つことが1つの秘訣でした。

 
読者さんが継続するために、どのようなことを大切にしていますか?

 
今日も素敵な1日を。