早いことが一つのサービス:クレド407

2019年11月27日

 
 

宮崎の経営者をお金の不安から解放させるキャッシュフローコーチ、
いのくち ゆうすけです。

 

優先搭乗。
飛行機で、妊婦さん・小さいお子さん連れ・車椅子の方など、
サポートが必要な方が利用できます。
優良顧客よりも先に搭乗出来るサービス。

 
狭い飛行機などでは人が誰もいない状態で案内をしてもらうことで、
余裕を持って搭乗するシステム。
子連れや車椅子の方には嬉しいサービスです。

 
先日、父と東京に行った際、
車椅子だったので優先搭乗させてらもいました。
優先搭乗って初体験だったので新鮮だったのですが、
一番の驚きは、「優先荷物受け取り」です。

 
大きめの旅行ケースを持参していたので、
荷物を預けたところ、
「早めに出てくるように手配しますね」と言われました。

車椅子の方のサポートなどがあるため、
それらを考慮して早めに荷物が出てくるように段取りをしてくれます。
結果的に荷物の受け取り時も必要以上に待つ必要がなく、
スムーズに都内の移動ができました。

 
あくまでも車椅子の介助者を気遣ってのサービスですが、
これってビジネスでも大いに役立つシステムだと思いました。

 
ほんの少しでも「早い」ことで満足度が高まり、
かつその後にある予定に時間を費やすことができます。

 
飛行機は、介護者や緊急なことに対して、
足元が広い席や空席を常に用意しております。
そうすることで、優先的に対応したいお客様や優良顧客様への急な依頼に対応できます。

それだけでも、お客様にとっては嬉しいサービス。
「早い」ってことがお客様の満足度を高める一つにもなると思いました。

 
仕事で「早さ」を提供したらお客様はどんな嬉しいことになりますか?

 
今日も素敵な1日を。